読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腕まくりをして、アフリカの地に立つ!! 〜人生は夢ばかり〜

見えてる世界のその先に進みたい!アフリカの紛争国“スーダン”できっとそれを掴むブログ

【閲覧注意】生贄の儀式に招待されたら、消耗した話。

スーダン青年海外協力隊として活動している丸山です!

ようやく犠牲祭の最終日を迎えました。

初日と2日目の記事はこちら。

34.hatenablog.jp

34.hatenablog.jp

f:id:intii:20160915223154j:plain

最終日にお邪魔したのは、活動先の労働省でお世話になっている女性課長のお家です。

 ~数日前~ 

連休中の中日、朝9時に着電。

仕事関係で何かあったのかと、ドキドキしながら電話に出ました。(日本で働いていた時と何ら変わりませんね)

課長「元気してたー?調子は良い?犠牲祭おめでとう!!ところで祝日はどう?いま、市内にいるの?あ、日本の家族は元気?みんな健康?」

質問の答えを言う前に、会話がいつも突き進んでいきます。ここから分かるように、間髪入れず、まくしたてるタイプです。(笑)

「はい、元気ですよ。犠牲祭おめでとうございます!課長もお元気ですか?」

課長「ありがとう、元気よ。ところで、水曜日の8時にウチに来なさい。犠牲祭の儀式をするわよ。」

「8時って夜ですか?」

課長何言ってんの、朝よ。OKね?ウチはカブティ(地区名)にあるから。バスの乗ったら私に電話するのよ。それから運転手に電話を変わってくれれば良いから」

カ、カブティってどこですか!?!?どこ行のバスに乗れば良いですか!?」

スーダンには住所があって無いようなものなんです。

めちゃくちゃ焦る私。

一度も行ったことが無いどころか、初めて聞く地区名。

 課長「バハリの北の町よ。問題無いわ。じゃあ水曜電話してね!良い休暇を。じゃあね!」

ツー、ツー、ツー。。。。

切れた。(笑)

北とか、南レベルって大まかすぎでしょ。

ていうか、当然のごとく行くことになってたな。(笑)

 ~当日~ 

5つの目覚ましセットで無事6時に起床して、家を出ました。

休日は遅くまで夜更かしして、朝はかなりゆっくりする人が多いスーダン。祝日という事もあって、外を歩く人は全くいません。

めんどくさい気持ちを押し殺して、バスを乗り継ぐこと約1時間。

課長が言っていたバスターミナルに着きました。

言われた通り、架電します。

📞ブルルルル~、プルルルルル~、....

朝早くて忙しい時間帯だもんなー、もう1度かけよっと。

📞ブルルルル~、プルルルルル~、....

あれ?どうしたんだろう??出ないなー。

📞ブルルルル~、プルルルルル~、...ツー、ツー、ツー。

いやいやいや、まじでか!(笑)

アフリカあるある『約束が約束じゃない。』

まさか、課長...寝てるんじゃ?(笑)

LINEの既読スルー・未読スルーなど全く気にしない超連絡無精の私が、課長にここぞとばかりに鬼電です。

しかし、電話が繋がることはありませんでした。とりあえず30分はその場で待つ事に。

と言っても、コンビニやベンチがある訳でもないので、砂埃がたつ砂漠でただただ突っ立っている、この状況のカオス具合。(笑)

しかし!!!課長は起きていました!

良かった。。。疑ってごめんなさい。

数十分後に折り返しお電話を頂き、案内もして貰って、お宅へ向かうことが出来ました。

 ~到着~

【閲覧注意。生贄にされる動物の写真があります。この先もご覧になって頂ける方は、心して下さい。】

無事に課長とご家族の方に会えました。

儀式は始まっており、課長の横で、赤い鮮やかな血が滴る羊がロープで門に吊るされていた。。。!(その写真のアップは自粛)

ニコニコ笑顔で迎え入れてくれる家族は、気にも留めていない様子。

お肉を食べるということは、命を頂くこと。

彼らは、生活の一部としてすぐ側にあるんだな。

f:id:intii:20160915222922j:plain

 男性たちは、生贄を屠る。

f:id:intii:20160915223133j:plain

 ほぼ残すことなく丁寧に作業をしていきます。

f:id:intii:20160915223032j:plain

毛皮は、モスクに寄付することもあるそうです。

f:id:intii:20160915223046j:plain

お家の前は、大きな血だまりが。

イスラム教徒のこの儀式の意味を教えて貰います。そして、命を頂くことに感謝。

f:id:intii:20160915223136j:plain

女性たちは食事の準備にとりかかります。

f:id:intii:20160915223139j:plain

ちなみにスーダン人のお家には、ベッドがたくさんあります!

f:id:intii:20160915222908j:plain

中庭にも数台並んでいて、男性たちが外で寝るのは普通。

f:id:intii:20160915222904j:plain

お家の中です。

土壁に、床は土。でもタンスやベッド、

f:id:intii:20160915222852j:plain

TVなんかも並んでいます。

儀式を見させて貰った後は、この部屋に案内されて

「さあ、ベッドで横になって。一緒にTV観よう。」

これがスーダン流のおもてなし

何度かお食事に誘われたことがありますが、だいたい全て食事が始まるまでに、ベッドで横になってTVを観る時間が1時間以上あります。

今回は4時間でした。(!)

招待してくれた課長は出たり入ったりしていて、課長のお母さんとインドドラマを観てたんですが、かなり消耗しました。(笑)

ヒンドゥー語?アラビア語

いっこうに課長もご飯も来ない。

まさか課長も寝てるんじゃ?(今日2回目)

だって私にも寝ることを、勧めてきたし。

でも今回も起きていました。

f:id:intii:20160915222837j:plain

ご馳走!!!

ご家族とワイワイ食事が出来て、消耗したけど、それ以上に、スーダンの文化やあたたかい心遣いを頂いた最終日でした。

ブログランキングに参加中です。

青年海外協力隊」バーナーを押して応援してもらえたら嬉しいです♪
にほんブログ村