読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腕まくりをして、アフリカの地に立つ!! 〜人生は夢ばかり〜

見えてる世界のその先に進みたい!アフリカの紛争国“スーダン”できっとそれを掴むブログ

アフリカで体調を崩したら、大変だったんだってよ。

青年海外協力隊スーダンに派遣されて1年。

周りの先輩隊員や後輩隊員が体調を崩しているのを横目に、日本にいた頃よりも体調が良かった私。

幼い頃から丈夫だったのもあって「アフリカでも通用するのか!」と天狗になっていた。

風邪さえも引かず「このまま2年間突っ走っていくぞ!!」て。

でもついに先日、スーダンの洗礼を受けました。

ひとかわ向けた気持ちです。(笑)

今回は、その時の日記を公開します。

 

8月30日(火)

寝る前に、身体の節々に少し痛みがあったが、特に気に留めず就寝。

深夜、悪寒がして目が覚める。

念のため、体温計で測定すると39度ちかい熱があった。そのまま寝る。

8月31日(水)

朝方から、上からも下からも大変なことに。騒がしいぞ自分。

しかも、このタイミングで断水。トイレは地獄絵図(笑)。

こういう時って、なんの薬を飲むべきなのか?

とりあえず、以前日本の病院で風邪の時に処方された解熱剤を飲む。

それでも熱は38度以上、トイレに行ったり来たり。

9月1日(木)

トイレ往復の回数が減る。

何となく調子が良い気がして、おかゆを食べたら、またズンドコ祭りスタート。

束の間の休息だった。。。(笑)

熱もある。少し快復したと感じたのは、気のせいだった。

病院に行くことも考えるが、移動時間&診察の待ち時間からすると、私のお腹がモタないことは容易に想像がつくこと。

ベッドで寝る。横になりすぎて、腰が痛い。いい加減にしろ、身体。

9月2日(金)

熱がだいぶ下がった。身体がラク。

腹痛は無いのに、色が無い水便はまだ出続けてる。なぞ。

9月3日(土)

おかゆを食べてみる。すごく元気になる!

もう負けない!

どんなにピーピーになっても、食べてやる。

でもまだトイレが手放せない。

 

それから今日まで一週間ちかくたった。

ほぼ元通り。

でもお腹はいつもの調子まで、あと一歩といったところ。

 

今後の生活のために、健康管理の反省は以下の3点。

①薬は医師から処方されたものを服用しよう!

⇒アフリカで具合い悪くなることは、マラリア赤痢などの可能性もあった。JICAの派遣前学校で教わったように、自己判断で薬を服用すると、最悪命に関わることだってある。

②無理に食べない。水分は摂る。

⇒食事が胃腸に負担をかけて、症状を長引かせてしまう事もある。

③症状はメモをとろう。

⇒母国語以外を使って、本調子ではない中、医師に正確に身体の状況を伝えることは、難しい。まずは頭の中で整理。

また、マラリア等は発症した日にちや時間を知っておく事が、治療の上でとても大切である。

 

ずっとお家に閉じこもっていました。

5日ぶりにスーダンの熱風と砂埃に包まれ、元気いっぱいの陽の光に照らせれて、来たばかりの頃を思い出したんですよね!

初心忘れず、また新たな気持ちでやっていく良いきっかけになりました!!

(もう2度目は無くて良いけどね!)

f:id:intii:20160911014321j:plain

ブログランキングに参加中です。

青年海外協力隊」バーナーを押して応援してもらえたら嬉しいです♪
にほんブログ村