読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腕まくりをして、アフリカの地に立つ!! 〜人生は夢ばかり〜

見えてる世界のその先に進みたい!アフリカの紛争国“スーダン”できっとそれを掴むブログ

もったいないんです!!私のもう1つの肩書は素人エンジニア。

2,3週間ほど前から雨期に入り、私の住んでいる街でも週に1度は雨が降るようになりました。

f:id:intii:20160806045230j:plain

スーダン人は雨とか曇りが大好き!

『いい天気だねー!!ねえ見た?雨最高!!』と大喜びです。

灼熱の国ならではですよね。本当に恵みの雨だなー、と感じています。

そのおかげで温度もグッと落ち着き、今日は最高気温39度ー最低気温28度。そして40度を切ると涼しく感じている自分の慣れ具合にビックリ、人間の身体って便利に出来てますね(笑)。

ところで、海外で“日本人”に対していろんなイメージを持たれていると思いますが、ここでは『車・機械最高!頭が良い!』と言われることが多いです。

嬉しいですね!ありがたい。

そして私の職場では『機械得意・計算早い・細かい(これは私のここでの活動の仕方にも原因があり。)』なんです!

どれも個人的には当てはまらないんですが、彼らのイメージ通り、これらの事を頼まれることが多いんです。

その中で確立した私のナゾの地位が機械(職訓オンリー)エンジニア!!!

本当に、次から次へとスーダン人は物を壊します。。。

貸した新品の電子辞書は10分立たずして壊れて返って来たし(電気辞書なんてどうたって壊すんだ)、7割がた携帯の液晶画面はヒビが入ってるし(むしろ割れてない人いるの?)、とりあえず壊す。

そのわりに白黒ハッキリしていて、まだ修理すれば動くのに、壊れたものには手を付けないか処分する。物も金も無いのに。

そうなんです!もったいなーーーーいんです!!

私の中で、フツフツと湧きあがるもったいない精神!

これって日本語にしかない言葉らしいですよ。

『直したら、使えるんだから!』と文句を言いながらインターネットで検索して、iPhoneの画面を見ながら素人修理。

昔ながらの機械ってけっこう頑丈&シンプルに(そしてラッキーに)作られてて、何とかなるもんです。

それを見ていた先生達や他エンジニアの方も『あれ?何か簡単そうじゃん』と、直そうとはしてくれる機会は増えました。

が、ありとあらゆる隙間に油をドボドボ。。。(そんな魔法の油は無いぞ)

コップ1杯くらい?

ミシンを開けたら、3センチほどの油プールがありましたから。

先日、ようやくミシンエンジニアが学校に来たので、直す図が下の写真。

f:id:intii:20160806042302j:plain

壊さないように使うことが1番ですが、こういう機会が「物を大切にしよう」とするきっかけになれば嬉しいです。いや、そうしよう!

ブログランキングに参加中です。

青年海外協力隊」バーナーを押して応援してもらえたら嬉しいです♪
にほんブログ村