読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腕まくりをして、アフリカの地に立つ!! 〜人生は夢ばかり〜

見えてる世界のその先に進みたい!アフリカの紛争国“スーダン”できっとそれを掴むブログ

安否確認メール。南スーダンで紛争。

7月11日(月) 早朝。

メールを確認してビックリ。

日本にいる友人から何通もの「治安悪いみたいだけど大丈夫?」「いまどこ?」という安否の確認をしてくれる内容だった。

私はスーダンで、安全に気を付けながら変わらず元気にやっています!

寝耳に水。

送ってもらったリンクを確認すると、南スーダンで、戦闘再熱で銃撃戦があり300人超が死亡、緊急で邦人をPKO派遣中の自衛隊が退避の支援をするという記事。

 

テロや戦争など、忌まわしい胸が痛くなるニュースが続いています。

今回はこれについて知っている事を書きたいと思います。

 

世界最大400万人越の難民を出したといわれるスーダン内戦を終結し、2011年7月にスーダンから独立して南スーダンが出来ました。

世界で最も新しい国です。

日本からも自衛隊が「国づくり」を支援するために派遣されています。

豊富な資源を有する同国の平和と安定は、アフリカ全体ひいては国際社会の平和と安定のために重要であり、国際社会の責任ある一員として貢献することが、派遣の大きな意義だそうです。

(防衛省・自衛隊:ここが知りたい:南スーダンへの自衛隊の派遣について防衛省自衛隊HPより)

 私の友人も施設設営の活動のために、昨年派遣されていました。

 

しかし3年ほど前から、政治的混乱による治安は悪化。

多様な民族が暮らしており、民族同士の争いが多い。

今回はキール大統領派と、マシャール副大統領派の対立が主な原因と言われています。

 

私が暮らしているエリアにも、たくさんのキール大統領出身のディンカ民族がいて、マシャール副大統領出身のヌエル族がいます。

それに南スーダンも暮らしています。

 いつも笑顔で、心配になるぐらいマイペースな人達ばかりなのに、彼らのお友達や、身近でこんな悲惨なことが起きているなんて。

 

何か出来る事はないのか。

まずは知ることから。

知って貰うことから。

 

以下、関係するリンクや画像です。

 

国家機能を喪失し、内戦や政治の腐敗などによって国民に適切な行政サービスを提供できない国家を脆弱国家と呼ぶ。

シンクタンクが毎年発表している「脆弱国会ランキング」で190国余り中、2014年度・2015年度ワースト1位。

スーダンはワースト4位。

そして過去10年間で常にワースト5位内。

JICAボランティアが派遣されている国で唯一です。

(The Fund for Peace FFP - The Fragile States HPより)

 

内戦で家族をすべて殺されたことに加えて、レイプされた際にHIVに感染してしまった南スーダン人の女性。

f:id:intii:20160717181252j:plain

 

戦闘にくりだす少年兵。

f:id:intii:20160717180912j:plain

 

南スーダンの現在の状況は依然厳しく、国内で4万2000人が避難、周辺国への難民は85万人に上がっており、今後数か月で人口の3分の1以上が破滅的な飢餓が起きるとWFPが予測しています。

 

ブログランキングに参加中です。

青年海外協力隊」バーナーを押して応援してもらえたら嬉しいです♪
にほんブログ村