読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腕まくりをして、アフリカの地に立つ!! 〜人生は夢ばかり〜

見えてる世界のその先に進みたい!アフリカの紛争国“スーダン”できっとそれを掴むブログ

たった1枚の絵でうなずける、ギャラリーアート展に行ってきた!

アフリカで初めてアート展に行って来ました。

イスラム圏では1度アブダビで目にした事があって、『イスラム文化圏=宗教による独特のアート感覚』というイメージがあったのですが、今回履がわせれたので記事にしてみました。

場所はハルツーム国際空港の隣に位置するTOYOTA(Goiden Arrowと呼ばれる自動車展示販売店)です。

f:id:intii:20160219025624j:plain

スーダンでは特に目立つ最先端な佇まい。

f:id:intii:20160219025520j:plain

中に入ってみると、展示車に違和感がないことが不思議なくらい、ところ狭しと絵画が飾られていました。

f:id:intii:20160219014613j:plain

鉛筆で描かれた作品から

f:id:intii:20160219014559j:plain

水彩画も多くあります。

偏見ですが意外でした。

f:id:intii:20160219014657j:plain

エチオピアの女性でしょうか?綺麗!!

f:id:intii:20160219024841j:plain

声を掛けてくれて一緒に回った女性も、とってもオシャレ美人で憧れる~。

(今年はこんな風になりたいです!)

f:id:intii:20160219031110j:plain

 どこが懐かしいような作品も。

f:id:intii:20160219023717j:plain

コーランの一節を入れたアート画。ここならではですよね。

f:id:intii:20160219023737j:plain

f:id:intii:20160219025453j:plain

スーダンの花嫁衣裳とヘンナタトゥー、そして雰囲気がよく伝わる1枚も。金色の装飾品と、赤と黄色のチェック柄、赤を基調としたトーブ(布巻物)も、スーダン人女性の特別なものなんです。

f:id:intii:20160219024731j:plain

描いた方が居て、実際にお話を伺えるのも、より背景が見えて興味深く感じられました。右に写る彼がこちらの5つの作品を描き、

f:id:intii:20160219025653j:plain

中央の作品のアップがこちらです。

澄んでる眼差しや雰囲気に惹かれて、早速PCの壁紙に設定しました。

f:id:intii:20160219025945j:plain

でも1番気に入ったのがこれ。たった1枚の絵なんですが、これだけでスーダン人女性のアイデンティティや文化がよく現されているのが私にでも感じられて、うなずいてしまいました。

f:id:intii:20160219031023j:plain

 買う流れきてました。笑

と言うのも、わたし来賓と勘違いされていたんじゃないかと思うんです!まさかの。笑

いつもは十中八九「やーい中国人!」と道中で声を架けられるのに、英語で「作品はどうでしたか?」とか「ようこそ、こちらに来て」と言われて奥のソファーに連れて行かれ、飲み物を出していただいたり、TVの取材まで受け。

聞かれたので、上の作品を気に入った話をすると数分間待つように言われて、担当者が来てくれて、作家の他の作品を案内&連絡先まで教えて頂き、お値段の掲示を受けて少し焦る私。

まとめ

スーダンでは今までにない扱いを受けて焦りつつ、素晴らしい作品に出会えて大満足なギャラリーアート展でした。

 

ブログランキングに参加中です。

青年海外協力隊」バーナーを押して応援してもらえたら嬉しいです♪
にほんブログ村