読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腕まくりをして、アフリカの地に立つ!! 〜人生は夢ばかり〜

見えてる世界のその先に進みたい!アフリカの紛争国“スーダン”できっとそれを掴むブログ

肌の色の話題はタブーだと思っていたのに、私たちの色は青とか赤とか色鮮やかだった。

牛乳色と聞いて何色をイメージしますか?

白?クリーム色?

スーダンでは、日本で水色と呼ばれいているカラーが牛乳色です。

牛乳:ラバン(لبن)から派生して牛乳色:ラバニー(لبني)なんですよね。

不思議に思って「牛乳って白いよね?なんで?」と聞いてみても「わからない。でも日本の水だって、透明でしょ?」と返ってきました。確かに。

f:id:intii:20160131040342j:plain

他には茶色スーダンでは、コーヒー豆色(ブンニーبنني)と呼ばれいています。

お茶の歴史が長い日本と、コーヒー好きなスーダン。それぞれの視点の違いを感じますよね。

f:id:intii:20160131040401j:plain

肌の色についても、「ざめた」「青白い」と同じニュアンスで黄色を使うそうです。

f:id:intii:20160131040407j:plain

彼らは肌へのアイデンティティがとても強いことが、これらの比喩からも感じられます。

肌の褐色度合いを、濃い順から黄色と分けて居るんです。

いわゆる黒人が青、白人が赤だそうです。でも黄色は黄色人種では無く、アフリカンカラーの1つだといいます。

5年前まで1つの国であった南スーダン人や、それ以南の国はほとんどはで、自分はだとも。

肌の色の話題はタブーの1つだと思っていたのに、虹色以上にカラフルで色鮮やかな世界でした。

 

青年海外協力隊」人気ブログランキング2位になりました。どうもありがとうございます!

バーナーを押して応援してもらえたら嬉しいです♪
にほんブログ村