読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腕まくりをして、アフリカの地に立つ!! 〜人生は夢ばかり〜

見えてる世界のその先に進みたい!アフリカの紛争国“スーダン”できっとそれを掴むブログ

お家にいる守り神に時々あう話。

「新潟のひいおじいちゃんのお家は、座敷童が来てくれるって村で有名だったんだって~」と幼少のころ、何度か母から聞いたことがあった。

なんとなく怖いような、羨ましかった日から20数年間。

まさかアフリカにまで、やってくる日が来るなんて。

それがコレ!

f:id:intii:20160126034158j:plain

ヤモリ

家守”や“守宮”とも書くことが出来て、お家にいる害虫も食べてくれるそう。

2,3日に1度は壁の高いところにいるのを見かけるわけです。

視線を感じてか、素早く逃げるんだけど、中には壁から天井の90度直角ラインの移動が出来ない子もいて、何とも愛らしい。そうなんです、どうやら1匹だけじゃないらしい。

日によって大きさや色が微妙に違うんですよね。

実はうちには、主張の激しい同居人が他にも居ます。

出会いは1か月ほど前。夜になるとある音に気が付きました。今までも聞こえていたのかもしれないけど、気にも止めていなかったのかな。他の隊員に話したところ、風で電線等揺れてるんじゃない?と言われれて納得してたんですが、数日前に気付いてしまったんです。

奥の部屋の電気を点けると音が止まる、そしてそれは流し台の下から響いていると。

す、鈴虫?!笑

まさかでした。草むらじゃないよ、ここ。

恐る恐る息を潜めて流し台の下を覗くが、全く見つけられない。わかっててはいても、実際に目の当たりにすれば驚く事必須なので、引き腰体勢をとる私。すると鳴き止む鈴虫。なんという空気を読む輩。

でも2時も過ぎる夜更けは、人が変わったように、いや虫が変わったようにフルボリュームになるんですよ。私も思わずベッドから出て、流し台にトントン、とノック。

壁が薄いマンションの隣人かと。笑

守り神と見るか、ペットとみるか。

日本では、今年17歳を迎える愛犬と一緒に暮らしていました。

私が中学校1年生の時に家族としてやってきて、今離れてときどき写真を見たり、動画を送って貰ったり。

離れている寂しさをバネに、今日も腕まくりをして気合入れていきます!!

f:id:intii:20160126034548j:plain

ブログランキングに参加中です。

青年海外協力隊」バーナーを押して応援してもらえたら嬉しいです♪
にほんブログ村