読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腕まくりをして、アフリカの地に立つ!! 〜人生は夢ばかり〜

見えてる世界のその先に進みたい!アフリカの紛争国“スーダン”できっとそれを掴むブログ

スーダン国内唯一の水族館へ行ってみた!紅海沿いにある水族館てどんなところ?

 紅海沿いの抜群のロケーションにある水族館。

 コンビニ2店舗分ほどの大きさで、やや小さめではあるが国内唯一ということもあり記事にしてみた。

 入場料は15SDG(約300円)、午前10時~午後3時・午後5時~午後8時までの2部営業をしている。

f:id:intii:20151007010822j:plain

 お化け屋敷のように光を遮断した空間を抜けて、扉を開くと...

f:id:intii:20151007010849j:plain

 す、水族館なのに水槽が無い!!!

 魚の写真より大きな人物写真。。。

f:id:intii:20151007010920j:plain

 小ぶりな魚やタコ等をホルマリン漬け(?)にしていた。

 少し気持ちが悪い。せめて頭の向きは泳ぐ方向にした方が良さそう。

f:id:intii:20151007010956j:plain

 対比なのか、隣では大きめの魚を干したものが展示されていた。

f:id:intii:20151007011031j:plain

 館内の中心に有るのは「ずつき」「なきごえ」「オーロラビーム」ジュゴンだ!!!

 成体になると体長は2,5m前後、体重は230Kg~500Kgにもなるそう。

 人魚姫のモデルにもなったとされるが、最近は絶滅危惧種に指定されているという説明が書かれていた。

 

まとめ

 日本とは全く異なった水族館であり、運営や管理等サービスがかかるものなんだと改めて気付かされた。また、観光客が訪れる場所でありながら“お土産店”が一切見当たらず、何か理由があるのか調査中。何か入れる隙があれば、と思う。

 

ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします♪


にほんブログ村